« 真央ちゃん、それは潤くん(嵐)も尊敬するってことでいいのかな? | トップページ | テスト »

西松屋の陳列を熟知している14歳。

One Loveって聴いてると泣きそうになりませんか?

つくつかがバーッって出てくるんだよねーーー。
もうダメって感じ。

歌ってってああいい詩だなーって思うのは、マイガールです。

少クラの感想、書いてませんでしたね。

では書きたいと思います。

1週目

祐哉くん、あんまり出番なかったですねーーー。

というか、ツボ、あんまりなかったなーー。

優吾くんもあんま出てなかったし。

2週目

嵐さんの曲いっぱい!って感じです。

そんでもって祐哉くん。

慎太郎と同い年で小学校を卒業することもあってか一緒にハピネスを歌ってましたーー。

ズボンの裾が長いみたいでまくってるのが可愛かったなーーー。
今回着ているピンク衣装がJJが着てた衣装で、世代交代だなーーーって思いました。

どーしよ、花唄を歌ってる優吾くんが指差したんだけど!!!!
キュンキュンしちゃう。

この星に生まれてを祐哉くんたちが歌ってたんだけど、これも世代交代だなーーって。
この曲のイメージはね薮くんとか伊野尾ちゃんとか松本光平くんとかなんだけど。

元々は錦戸くんとかが歌ってたらしいけど。

でも、やっぱり薮くんのイメージが強い。

だからかしらないけど、ああ懐かしいっていうよりも自分、年取ったな・・・って感じ。

祐哉くんが可愛かったです。

でもって、翔太!
いい位置にいるねーーー。

髪も短くなって・・・。

あなたにお手紙かきましょうは北斗くんと優吾くん。

やっぱりね、好き、優吾くん。

性格とか。

「誰か、俺のあだ名考えてくださ~い」だっけ?
いいなーーって思いましたね。

ララリラはいい曲もらったよなーーって感じがしますね。

ま、BIは中山~でもあるから「4人」ってなかなか出せないのかもしれないけどさ、だけど、やっぱり好きだなーーー。

好きなものは歌ってほしい。

これが薮くんたちが考えたことなんだなーーって。

同じく「好きなものは歌っていたい」なんだろうね。

だから、複雑なんだけど、だけど、もう少し時間がたてば、大丈夫な気がする。

希望は、よかったなーーって。

この曲すごい好きだった。

それにしても小山くん、カッコいいなーーー。

あたしさ、最近「仕方ない」ってよく思うんだ。

「あ、仕方ないな」ってよく諦めるってわけではないけど、
でも、「仕方ないな」とよく思うなーーーって思う。

特にジャニとか真央ちゃんとかのことは。

譲れない部分は私生活にはあるんだけど、
こういう応援に関してはほぼなくなってるのが現実で。

やっぱり、何でも好きな(応援してる)人が1番って思ってた時期(2007年)と
いまの立場を大切にしていかなければいけない、
恵まれてるんだなーーって思ってた時期(現在)の違いかな?って思うわけですよ。

なにがきっかけなのかはよくわからないけどだけど、嵐は大きく関係ありそうな感じがする。

いつまでたっても謙虚な嵐さんたちをみていたら、1番じゃなくてもいいのかな?って。

あたしの中で1番だったらそれでいいのかな?

あたしが好きだったらそれでいいのかな?って。

目まぐるしく変わっていく嵐、真央ちゃん、JUMP、優吾くん、祐哉くん。

嵐と真央ちゃんとJUMPは変わらないでいてくれる。(気持ちがね)

特に嵐は変わらないでいてくれる。

優吾くんと祐哉くんは変わらなきゃいけないときだから、
変わってく。

そういうのをみてると、何でもいいのかな?って思う。

好きな気持ちは変わるわけではない。
だからこそ、見守り続けないといけないな・・・って思う。

どんなときでも。
どんな立場でも。
どんな状況でも。

考え方が一昨年、去年と比べてだいぶ変わりましたね。

いい意味でも、悪い意味でも。

そんな客観的に見てていいのかよ!って思うときもあるよ、自分で(笑)

だけど、客観的にしかみれないから。

変に主観的に見てたら壊れそう、自分が。

弱いんですよ、あたし。

客観的にしか見ない。じゃなくて客観的にしか見れない。

逆に言うと主観的に見れない。

もうちょっと強くなりたい。

自分のことも客観的にしかみれてないきがするから、せめて自分のことだけ主観的にみれるように。

いや、主観的に見てるんだろうけど、まだよくわからないから、
自分のことは1番自分が知ってる人になりたいなーって思います。

長くなりすぎましたね(汗)

すみません。

こんなあたしの考えを見てくれてる方はいるんだろうか?

|

« 真央ちゃん、それは潤くん(嵐)も尊敬するってことでいいのかな? | トップページ | テスト »

自分のこと」カテゴリの記事

高地優吾」カテゴリの記事

大塚祐哉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。